日本語教育能力検定の概要と難易度

日本語教育能力検定試験は、日本語教師を目指す人、すでに教師として仕事についている人を対象として、日本語教育の専門家といえる基礎的な水準に達しているかを検定するという目的を持っています。

日本語教育能力検定試験は毎年あり、年に1度のみ行われます。


受験するには年齢や経験、学歴などの制限は特になく、誰でも受験が可能となっていますが、国家資格ではありません。

試験の構成は3部構成となっており、1日で終了します。


午前中に試験?があり、午後から試験?と?が行われます。


試験?は日本語教育を実践するにあたり基礎的な知識の測定を90分間で実施します。

試験?は、言語学習の音声特徴に関連した知識や判断能力を測定するために、30分間リスニングが行われます。

日本語教育能力の検定の情報を知りたい方必見です。

試験?では日本語教師として現場対応の能力や、能力を測定する問題を120分実施します。



リスニング以外の問題は、記述式やマークシートで出されます。

試験範囲は大きく分けて5つに区分され、区分ごとで主要な項目があり、さらにその項目の中に基礎的な項目があるのですが、基礎的な項目が優先して出題されるとしています。
日本語教育能力検定の内容としては日本語の構造や言語学、文法に教育制度、心理学や歴史など幅広く出題されます。

かなりの勉強量も必要ですし、リスニング対策もしなければならないため、難易度は高くなります。

教師になるために必ず必要とはいえませんが、仕事に就く際に能力を判定する基準とされやすく、難易度が高いため合格していれば一定以上の知識を持っているとみなされます。